Shayne Bowden took us on a bike tour of Fukuoka Art Galleries. An English artist by the name of Ross Taylor was there. He said he had a hangover. I asked him what he drank. He said, a bottle of whiskey. To yourself? To myself. He didn't partake in the beer portion of the "beer and bicycle tour" of Fukuoka Art Galleries. Ross Taylor: exhibiting at Tetra Artspace in late November 2006. And a swell guy to eat Korean bibimba with. Good with metal chopsticks.

We stopped and Shayne recorded [with a trusty old handheld cassette dictaphone] the sound of steam escaping from a manhole in the warehouse district around hakata bay. The dictaphone had masking tape on the back. There were some guys in a Benz parked off the docks with the lights turned out and the engine on. A woman with a baby stroller walked by. The stroller was empty. It was midnight. Ross Taylor/Shayne Bowden Duo with Hand-Manipulation of Escaping Steam: Duo, 33 secs.

Not far from the covered manhole is the Sango Soko Exhibition Space where we caught a glimpse of hundreds of tiny babies marked with the kanji for "right" and "left", pictured above. Artist: Satsuki Masuda. On display until 10/15 2006. Other artists whose studio spaces I snuck into and whispered in a low, fluttery voice, "ostu kare sama": Chinami Oki, Keiichiro Terae, Takashi Jyono, Marie Yamada.

Shayne Bowdenは福岡画廊の自転車ツアーで私たちを連れて行きました。 ロス・テーラーの名前による英語のアーティストがそこにいました。 彼は二日酔いを持っていると言いました。 私は、彼に彼が何を飲んだか尋ねました。 彼が言って、1瓶のウィスキー。 自分に? 自分に. 彼は「福岡画廊のビール及び自転車ツアー」のビール部分に加わりませんでした。 ロス・テーラー: 2006年11月下旬にテトラArtspaceで展示します。 そして一緒に韓国のbibimbinを食べるべき増大男. 金属箸での善.

私たちは止まって、hakataがほえる辺りの倉庫地区のマンホールから逃げてShayneは[信頼できる古い携帯型のカセットdictaphoneで]蒸気の音を記録しました。 dictaphoneは後ろにマスキングテープを持っていました。 中に明かりでのドックから離れて駐車されているベンツが追い出した何人かの男がいた そして 続けてエンジン。 通り過ぎて歩かれている赤ん坊ベビーカー〔ぶらぶら歩く人〕をして女性. ベビーカー〔ぶらぶら歩く人〕は空っぽでした。 真夜中でした。 ロス・テーラー/Shayne Bowden デュオ、逃げている蒸気の手巧妙な取り扱い〔市場操作〕と一緒に: デュオ(33 secs).

決して覆われたマンホールでなく 私たちが何百人もの小さな赤ん坊の一瞥を与えたSango Sokokanjiで印を付けられる 「右」及び「左」(上で想像されている) アーティスト: 皐増田. 10/15の2006年までの展示で. そのスタジオが間隔を空けて配置する他のアーティスト 私 snuck 中に そして 「以下」と低いはためいている声、「おつ かれ さま」でささやいた Chinami Oki、Keiichiro Terae、Takashi Jyono、Marie Yamada..